似ているようで大違い!電子タバコと普通のタバコの違い


燃やして出す煙と熱して出す水蒸気の違い

普通のタバコは乾燥した煙草の葉を燃焼させることによって煙を発生させ、それを吸引することで喫煙します。物を燃やして起こすためその煙にはタールが含まれるという問題点を含んでいます。電子タバコで起きる煙は、何かを燃やして起こしているわけではなく、中に充填されたリキッドを電気熱によって蒸発させて起こした水蒸気が元となっています。物を燃やしているわけではないのでタールは発生せず、そのため部屋等を汚すヤニの発生が無い点は普通のタバコよりも取り扱いやすい特徴の一つと言えるでしょう。

ゴミの出る使い捨てと繰り返し使う電子タバコの違い

普通のタバコは燃やして十分な喫煙をした後はフィルターを含む吸い殻を捨てることになります。一部のマナーの悪い人によってポイ捨てが起きる原因でもあり、そうでなくても灰皿や携帯灰皿などの吸い殻を捨てる場所の確保が必要になるなど、適切に処理する場合は喫煙後の後処理がやや面倒になっています。電子タバコでは灰も出ませんし、喫煙後に出るゴミなどもないため携帯灰皿を持ち歩く必要も、喫煙場所に灰皿を求めることもありません。現状では普通のタバコと同じ様に喫煙の際は喫煙所に行くことを求められることに違いはありませんが、喫煙直後にごみ処理の手間がかからないのはとても便利な点といえます。しかし繰り返し使うだけに唾液が付いてしまう吸口の洗浄はこまめに行なったほうが衛生的ですし、喫煙に使うリキッドを充填するボトル部分も、後ほどしっかり洗っておかないと次の喫煙の際に味が混ざってしまいます。

ニコチンリキッドは、電子タバコで使用するニコチン入りの液体です。通常の煙草と違い、タールは出ません。

Archives